10年ビジョン-理念の視覚化


10年ビジョンイラスト

10年ビジョンは、私たちがこれから目指す理想ややりたいことを1枚のイラストに詰め込んだものです。見る人が分かりやすく、見ているだけで自然とワクワクするような10年ビジョンを作りたいと願って制作しました。


◇黄金の道

障がいのある人の光り輝く人生をイメージしました。本人の誕生を皮切りに本人の成長と共にご両親から独立し、自立した人生を歩んでいきます。

 


◇縦に交わる黄金の道

本人(その兄弟)とご両親の絆をイメージしています。分岐点で一度別れた本人と両親ですが、一生涯様々な形で繋がり続けます。「離れていても親子はずっと繋がっている」というメッセージです。


◇道沿いのイラスト

人間の一生涯の節目節目のイベントをイラスト化しました。それは、障がい者だけではなく支援スタッフの人生でもあります。

 


◇道の周辺のイラスト

本人や支援スタッフの「やってみたい!」を表しています。「お金を稼ぎたい」「海外旅行をしたい」「オシャレをしたい」「お酒を飲みたい」「ペットを飼いたい」等、私たちのワクワクを表現しました。「楽しく人生を謳歌してほしい!謳歌したい!」という願いを込め、今後も増え続けます。


◇カートを押したポッケ

色々なサービス&幸せのお届け人です。

ビジョン全体に配置された大小のカートのポッケは、困っている人に色々なサービス(支援)を「届ける・届けたい・届け続ける!」という決意を表しており、ポッケが押すカートにはサービス(支援)が花咲いて詰まっているというイメージです。


◇カゴの中に咲いている3本の花

3本の花に「本人」「家族」「支援スタッフ」という意味を加え、この三者を幸せな人生というゴールに「届ける・届けたい・届け続ける!」という決意も一緒に込めました。


10年ビジョンは、永遠に完成することなく描かれ続ける未完成の地図です。ワクワクするビジョンを詰め込み、永続する支援の中で1つずつ叶えては、新たにワクワクを描き加えます。

本人・家族・支援スタッフが力を合わせ、ワクワクする10年ビジョンを描き続けていきたいと思います。